お結び屋のこだわり・理念

 

お結び屋 日本の心のこだわり

 

新潟県加茂市の”かやもり農園”という11代続く農家から直送で仕入れたお米を使用しています。化学肥料は一切使わず、鮭の身をまるごと焼き時間をかけて発酵させた”鮭のボカシ肥料だけ”を使用し、稲にとって良い環境を作り、稲自身の力で成長させる農法で手を掛けながら作られたかやもり農園コシヒカリです。

  かやもり家族

かやもりさん

11代目、萱森教之(かやもりのりゆき)さん。初代1700年から続く伝統の農家。数々のメディアや雑誌に取り上げられ、南麻布・分とく山総料理長 野﨑洋光氏に認められ、お料理の最後に出てくる名物の土鍋ごはんはこのお米。中尾ミエさんのために特別なお米を作るなど数々の著名人にも注目されています。

⇒株式会社かやもり農園「伝」http://www.kayamorinouen.com/ 

 

 :   米研ぎや炊飯に使用する水は、水道水は一切使用せず「還元水 水素水」を使用しております。細胞に良く、素材の質を引き上げます。

水素水

 

炊き方:米研ぎ・浸水時間・水の分量などしっかり決められた計算方法で炊き上げます。美味しくふっくら炊くことができるかまどガス炊飯器で炊いております。

水付け

 

 

豚肉:ブランド肉の””国産三河豚“を使用しています。豊かな自然環境でのびのび育った豚肉は柔らかく程よく油がのっています。部位はロースで、タレ漬けした豚ロースはお米との相性もばっちりです。

豚肉

 

タレ:お結び屋 日本の心が長く愛用する秘伝のタレは、香味野菜のコクと果物のまろやかな甘味が特徴のタレです。醤油ベースに香辛料をほどよく効かせた絶妙な味のバランスは絶品です。

images

 

作り方全て一つ一つ手作り・当日生産にこだわっています。添加物や化学調味料を使用していない無添加の素材を使用し、心を込めて作っております。

手作り

 

お結び屋 日本の心の理念

お客様に「喜び」と「感動」を与えられることを第一として考え、その仕事を通じてより高いレベルの自己実現を果たし、お結び屋 日本の心に携わる全ての人(お客様・仲間・従業員・お取引先)に喜びと幸せを提供する。

お客様に喜んで頂くことを第一優先し、積極的行動をする。取引先や仲間同士で「一緒にがんばろう!」と助け合い・喜びを分かち合う。

そのような行動や信念を常に持ち、目指し、行動します。

 

 

「 おむすびを通じて、世界中の人の心を結びます」